<   2008年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2008年 10月 24日

COLT RALLART VER.R 納車♪ 

新たな出張へ行くマシンが昨日納車されました!!

MMC COLT RALLART VER.Rです♪
c0126390_2245495.jpg


スイフトに続きまたまたホットハッチの登場です(笑)

それではファーストインプレ
エンジン:思ったよりドッカンターボではなくマイルドにトルクが上がってるイメージ
でも低速トルクがない。。個人的にはドッカンターボが良かった。。
しかもエンジンレブが6500rpm。。。もっと回ってほしい。。MIVECなのに。。残念。

ミッション(ゲトラグ製5MT):まだ新品なので慣らしが必要、まだカチコチで入りが悪いので分からない。。シフトレバーの剛性が弱く、ミッションがやわく感じる。
3速のギア比が高すぎる。2速から3速シフト時に回転がかなり落ちる。。。
1速のギア比をもう少しワイド化してほしい。もしくは高回転まで回ってほしい。

車体:剛性感があり結構いい!

サス:スポーツ車としてはちょうど良い硬さだが、加重をかけ過ぎると踏ん張りがきかない。女の子にはちょっと不評な足回りかも。

総括:車体全体のバランス(剛性、ブレーキ、サス)は結構いいがもう少し個人的にはパワーがほしい。(あくまでも個人的な意見なので。。。)

by kyutey | 2008-10-24 22:17 | 車関係 | Comments(10)
2008年 10月 21日

TOUAREG@FUJI SPEEDWAY

先々週の三連休はずっと黄僕に乗ってたので先週はTOUAREGでお出かけしました。
c0126390_2273598.jpg

F1は行きたかったけど、全僕祭>F1のため、あきらめていたつもりがそうではなかったみたいです(笑)
1週間前までF1が行われていたFUJI SPEEDWAYにTOUAREGで来てしまいました!!

実は10/19はVWのフェスティバルがあり、色々な楽しいイベントがあったので参加しにきました。駐車場はご覧の通り、VW、VW、VWの車ばっかり!!
c0126390_22105222.jpg
c0126390_2211454.jpg
c0126390_22111376.jpg

さっそく会場内へ入っていくと!!
あっと!新型車のティグアンが面白そうなコースで試乗会やってるじゃん!!
c0126390_2212271.jpg
c0126390_22124146.jpg

こりゃもう乗るしかない!
でも乗るとこんな景色!前が見えない。。。
c0126390_22133126.jpg

ちょうどここにいた時の前の様子です(笑)
c0126390_22141241.jpg


さてさて試乗会はまだまだ続きますよ!
こんな車達も試乗車です。
FUJIのショートコースで走ります!
c0126390_22152550.jpg

c0126390_22154443.jpg

当然ながらオフ会も盛んです。
c0126390_22162497.jpg

まだ日本では売っていないパサートCC!なかなかかっこいいですよ。
c0126390_22171735.jpg


さぁ~ここからはメインイベントのFUJI本コースのパレードラン!!
本コースに侵入!
c0126390_22182636.jpg

メインストレート前で記念写真!
c0126390_221906.jpg

そして本コースを1周!
ところどころで本気走りが出来て楽しかった!
c0126390_222031.jpg
c0126390_22202774.jpg
c0126390_22203670.jpg
c0126390_22204594.jpg


最後にかってにオフ会してました!(笑)
c0126390_22214070.jpg


ああ!いつか黄僕で全開走行がしてみたい。。。

by kyutey | 2008-10-21 22:23 | 車関係 | Comments(8)
2008年 10月 15日

ボクスターとの三連休

先週の三連休何をしてたかと言うとボクスター三昧でした(笑)
土曜日はマイリンクにあるキャララさん主催のオフ会に神戸、六甲山へ!
日曜日は無料で入手したF1のチケットを投げ捨て、全国ボクスター祭りへ参加するために長野へ!月曜日は長野で一泊してから中津川~木曽路を経由して帰宅!
3日間でおおよそ1300kmを走行!!
まさにボクスター三昧の三連休でした!

ではまずは、神戸オフ会から!
c0126390_22241025.jpg

全員六甲山展望台に集合!!

c0126390_22251478.jpg
c0126390_22252246.jpg

六甲から有馬温泉を抜けて行きます!

c0126390_22255873.jpg

高速のトンネル内での一枚!結構綺麗です!

c0126390_22264356.jpg

c0126390_22265868.jpg

明石海峡大橋のすぐそばの素敵なイタリアンレストランで美味しいピザを満喫!

オフ会に参加された皆様、初めての参加にも関わらず仲良くしていただき本当にありがとうございました!是非また参加させていただきたいので宜しくお願いします。
あまりお話出来なかった方も次回お話させて下さいね!


そしてこの日は9時頃に神戸を後にして一路愛知へ帰宅、翌日早朝長野に向けて出発!!
すると高速でいきなり渋滞。。。
原因はこいつでした。。
c0126390_22311416.jpg


渋滞を抜けて一足先に現地入り!
素敵な景色が僕を待っててくれました!
c0126390_2232615.jpg
c0126390_22321460.jpg
c0126390_22322460.jpg
c0126390_22323133.jpg

現地に行くと綺麗に整列されていくボクスターの姿が!
c0126390_2233169.jpg

c0126390_2233437.jpg
c0126390_22335070.jpg

みんなで記念写真!
c0126390_2234295.jpg

それにしてもすごい台数だ!
c0126390_22344964.jpg

ホテルの中で食事を済ませた後は恒例のツーリングへ!
c0126390_22355053.jpg
c0126390_22355735.jpg
c0126390_2236655.jpg
c0126390_22361423.jpg
c0126390_223623100.jpg
c0126390_22363155.jpg

本当に楽しい三連休でした!
来年も是非ボクスター祭り参加するぜ!!!

by kyutey | 2008-10-15 22:38 | ボクスター | Comments(30)
2008年 10月 07日

Porsche 997FL PDK試乗♪

ちょっとばかし前の話ですが、先週新型911(997FL)のPDK仕様に試乗してきたので
アップします。

まずはPDKの説明から、
(ポルシェのホームページよい抜粋)

新開発のデュアルクラッチトランスミッション、ポルシェ・ドッペルクップルング(PDK)は、マニュアルモードとオートマチックモードを切り替えることができ、駆動力を途切れさせることなく瞬時にシフトチェンジを完了します。これにより大幅な加速性能の向上と燃料消費量の低減を実現しています。しかもオートマチックトランスミッションと同様の快適性を備えています。

PDKには7段のギアが組み込まれています。1速から6速まではスポーツ走行に適したギアレシオとなっており、6速で最高速度に到達します。

7速には高速巡航に最適なギアレシオが設定されています。

PDKは別々のクラッチで選択される2つのギアセットをひとつのケースに統合したような構造で、2つの湿式クラッチを備えます。

この2つのクラッチは、2本の独立したインプットシャフト(インプットシャフト1とインプットシャフト2)を介してトランスミッションとエンジンの間で動力を断続します。インプットシャフト1は、中空構造のインプットシャフト2の中を通っています。

エンジンの出力は、つねにどちらかひとつのクラッチだけを介して伝達されます。片方のクラッチがつながっている間、もうひとつのクラッチでは次に移行するギアがすでに選択可能な状態で準備されています。
シフトチェンジの仕組みは従来のトランスミッションとは大きく異なり、片方のクラッチが切れると同時に、もうひとつのクラッチがつながります。これによりシフトチェンジは100分の数秒以内に完了します。

クラッチ1が奇数ギア(1、3、5、7速)とリバースギアを、クラッチ2が偶数ギア(2、4、6速)を制御します。

ポルシェ・ドッペルクップルング (PDK)の機構

エンジンから発生するトルクはクランクシャフトからデュアルマスフライホイールに伝達され、そこからクラッチハウジングを介してマルチプレートクラッチへ、正確にはアウターディスクキャリアへと導かれます。

油圧によってクラッチ1が閉じられ、インプットシャフト1と摩擦結合します。

こうしてトルクはディファレンシャルを介してリアアクスルへ伝達されます。4輪駆動モデルの場合は、前後のアクスルに伝達されます。

この段階でPDKはすでに次に選択されるギアをあらかじめ準備しており、接続されていないクラッチ側のアウターディスクキャリアにはエンジンのトルクが加わっています。そしてシフトチェンジの際には、クラッチ1の遮断とクラッチ2の接続が同時に行われます。こうしてインプットシャフト2が接続されることで、トルクが駆動輪に伝達されます。

選択されているギアはメータパネルに表示されます。

PDKには画期的なメリットがあります。パワー伝達が途切れることなくシフトチェンジが瞬時に完了し、より素早い加速を可能にすることです。

ドライビングフィールはさらにアクティブでダイナミックになり、俊敏性が向上します。シフトプログラムに応じて、快適かつ機敏な走行を可能にするシフトチェンジが行われます。

トランスミッションのサイズをコンパクトにしたことで、回転質量が減少しエンジンがよりダイレクトに反応します。さらにシステム全体にも軽量設計が施されています。

この軽量化と高めに設定された7速のギアレシオにより、燃料消費量とエミッション排出量はマニュアルトランスミッション仕様車と同等のレベルにまで低減されています。さらに新開発のエンジンと組み合わされることで、モデルによっては従来と比べてCO2排出量を最大13%、エミッション排出量を最大15%削減しています。

オプションのスポーツクロノパッケージ装着した場合、PDKにはローンチコントロールとレーシング・シフトプログラムの2つの追加機能が備わります。

このようにPDKは、スポーツ性、効率性、そして快適性を一括して高めます。

ポルシェ911にとって、これはまさに理想的なトランスミッションです。

ポルシェ・ドッペルクップルング(PDK)用スポーツステアリングホイール

PDK仕様車には、PDKの操作に対応する2つのシフトスイッチを備えた、新しい専用設計の3本スポーク・スポーツステアリングホイールが標準装備されます。

これによりステアリングを握ったまま容易に変速を行うことができます。

親指でシフトスイッチを1回押すとPDKがシフトアップし、人差し指で1回手前に引くとシフトダウンします。

左右どちらのスイッチでも同様に操作することができます。ステアリングホイールヒーターも、PDK仕様車のオプションとして用意されます。

ポルシェ・ドッペルクップルング(PDK)専用セレクターレバー

PDK専用のセレクターレバーはエルゴノミクスに基づいた扱いやすいデザインで、マニュアル操作によるシフトチェンジを可能にします。PDK専用のスポーツステアリングホイールのシフトスイッチと同様に、奥に倒すとシフトアップ、手前に引くとシフトダウンします。

セレクターレバーがオートマチックモードに設定されている場合でも、ステアリングホイールのシフトスイッチを使いマニュアル操作によるシフトチェンジが可能です。


説明が長くなりましたが、、、そういう事です(笑)

では写真を

c0126390_2251483.jpg
c0126390_2252582.jpg

マイボクスターが古く見える。。。
c0126390_22521236.jpg


では車内へご案内。(赤革かっこええ!)
c0126390_2253121.jpg

c0126390_22533295.jpg

距離はまだ700km台の新車!
c0126390_22534720.jpg

c0126390_2253543.jpg


997FLからは直噴になってだいぶエンジンの音質が変わりました。
どっちかというと古い(997)の方がまだ好きかな?

PDKのダウンシフトの性能は最高にいいですね!最高に気持ちいいです。
運転がうまくなったと錯覚します(笑)

是非いつかほしい1台に間違いなくエントリーする1台でした。

by kyutey | 2008-10-07 22:57 | 車関係 | Comments(16)
2008年 10月 06日

大試乗会♪

土曜日は会社でスパ西浦サーキットを貸切、大規模な試乗会をしました!
ポルシェからプリウス、新型ランクル、さまざまな試乗車でパドックはいっぱい。
c0126390_042974.jpg

c0126390_042315.jpg

会社ではモータースポーツ部に所属している僕は一日お手伝いです(笑)

997 カレラS 6MT(オプションのPCCB装着) 約1500万円相当
サーキットでPCCBを始めて踏んでみましたが、すごい!すばらしいブレーキですね!
踏んだら踏んだ分だけどんだけでも効く感じでした。でもオプションで140万はちょっと。。。
別の車が一台買えてしまう。。。
c0126390_045889.jpg

c0126390_0452259.jpg


ホールデンのUTE 3.6L V6 6MT
なかなか良いドライブフィールでした。
思ったより軽い操縦性と力強いエンジン。
c0126390_04646.jpg


トヨタ エスティマ ハイブリッド CVT
あんまりこんな車でサーキットを走る機会はないですね(笑)
やっぱりCVTは気に入らないです。。。
c0126390_0484421.jpg


アベンシス 2.2L ディーゼルターボ 6MT
思ったよりターボのパワーが効いてて乗りやすい!
トルクフルなエンジンで走りやすい。回すようなエンジンではなくトルクで早め早めのシフトチェンジで走る感じ。
c0126390_051141.jpg


キャデラック CTS 3.6L V6 6MT
この車はホールデンのUTEと同じエンジンだが、ブレーキもハンドルもユルユルでまったくダイレクト感がない、車体も重くなかなか加速してくれない。。。。
完全にこれはラグジュアリーカーですね。
c0126390_0533547.jpg


ポンティアック ソルスティス 2.4L 直4エンジン 5MT
なかなか楽しい車!ロードスターより早く、ロードスターにちょっと大きいエンジンを載せたイメージ。だけどやっぱりアメリカ製、、、なんだか全体的に作りがしょぼい、、きしみ音が結構してました。ダッシュボードとかも樹脂製で高級感0でした。
でも走ってて楽しい車です!デザインも好きです。
c0126390_0565480.jpg


新型プリウス
プリウスでサーキットを走るのはグランツーリスモ以来ですが、やっぱり面白くない。。
当たり前かぁ(笑)
c0126390_058660.jpg


トヨタ ランドクルーザー200型 
ちょっと期待してたんですが、やっぱり車体の重さは隠せず、カーブではロールばっかりで全然曲がらない、、、ブレーキは結構車体が重いわりには効いてました!
c0126390_101697.jpg


Lexus IS 220D 2.2L ディーゼル ターボ 6MT
このISはアベンシスと同じエンジンなんですが、ちょっとギア比が悪いのかんかなかエンジンのいい所が走行性能に反映されてませんでした。
もうちょっとギア比を低くした方がFRらしい面白い走りが出来たかな?
欧州の厳しいディーゼル規制だとやっぱりハイギア仕様じゃないとダメなのかな?
c0126390_13259.jpg


なんだかんだで結局15台位乗りました。
一番はやっぱり997カレラですね(笑)  ホッスィ~なぁ。。。
楽しい一日でした。

by kyutey | 2008-10-06 01:06 | 車関係 | Comments(16)