ポルシェと自分の世界

kyutey.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2012年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2012年 05月 26日

人とくるまのテクノロジー展♪

先日横浜で行われていた人とくるまのテクノロジー展へ行ってきました!
c0126390_8303668.jpg

お仕事でいきましたが、こういうお仕事は大好きな車の最先端技術が沢山
見れるので楽しいですね!
一部をご紹介します。
まずは、先日発売されたスバルBRZのドライブトレインです。
c0126390_8313284.jpg

よくカタログには載っていますが、この部分だけの実物を見るのはあまり機会
がないですよね。

では、どんどんマニアックな世界に入って行きましょう!(笑)
c0126390_8334182.jpg

最近オーディオをいじっているので配線類が気になります。。。

東レのカーボンモノコック ボディです。 
軽くて剛性が強そうですね。
c0126390_8344998.jpg


FF用9速ATです。
どんどん変速段が増えますね。。
(どこまで増やせば気が済むんでしょうか?)
c0126390_8364264.jpg


通常のローターにカーボン材を貼付けたローターが展示してありました。
ポルシェのPCCBのように高くなければいいかも?
c0126390_8381153.jpg


なんだかさっきからカーボンの部品ばっかり紹介してますね。。。
じゃあ次はカーボンの足回り!
c0126390_8383323.jpg

足回りの軽量化は走りに効きますからねぇ〜

これはMAHLE社が開発したサウンド クリエイター、トヨタ 86 スバル BRZ
に使われている部品です。
エンジンの吸気音を車内へ引き込んでサウンドを楽しむための部品です。
通常の車だと消そうとする音をわざわざ聞こえるようにするスポーツカー用
ならではの部品ですね。
c0126390_8404869.jpg


こちらは、フルカーボンのホイール!
軽そうだなぁ〜
c0126390_8424224.jpg

c0126390_842487.jpg


こちらはモーガンをベースにしたEVカーです。
エンジンの代わりにEVシステムを使い、変速機には通常のMTが使用されています。
EV化しても運転する楽しみを残した車です。
c0126390_8453381.jpg

c0126390_8454266.jpg


良いアイディアですね! 
後は無音だと寂しいのでスピーカーでF1サウンドが出るようにすれば完璧ですね(笑)

こちらは車のスピードなどが計測出来る計測器!
これまでカーボンだぁ。
(良くカーグラフィックで見る計測器に似てますね。)
c0126390_8461330.jpg


最後はドルビィのブースです。
c0126390_8462497.jpg

最近ドルビィは海外のスマホ用に5.1チャンネルの音源が再生可能なシステムを作っているそうです。
このアルファはそのスマホを車に繋いでそのスマホサウンドを体験できるデモカーです。
とてもスマホから出ているサウンドとは思えない臨場感あふれたサウンドでした。
参考になりました(笑)

by kyutey | 2012-05-26 08:52 | 車関係 | Comments(4)
2012年 05月 15日

カイエンのオーディオいじり♪

先回のブログ投稿で色々とカイエンのオーディオ構想を書きましたが、
結局の所、やってみないと分かりませんよね(笑)

という事で早速やってみましょう!

まずはBOSEの2Ωでも対応したアンプ探しです。

色々と2Ωで対応のアンプを検討しましたが、高級オーディオメーカーだと
選択肢が色々とあり正直色々迷いました。

そこでその中でもBOSEと相性が良さそうなメーカーで絞る事を考えました。
BOSEのホームオーディオだとマランツなどがよさそうですが、カーオーディオ
は無いし、その中で僕が思いついたのは、、、
BOSEはアメリカ製なのでアメリカ製がいいのでは??

『アメリカ製で自動車のアンプを作っているメーカーといえば??』
と自分に問い合わせた結果、出てきた答えは。。。

JBLでした。

そこでJBLについてリサーチを開始、一つの選択肢が出てきました。

JBL製アンプ GTO1004です。
c0126390_21411732.jpg

このアンプのスペックは以下の通り、
チャンネル4ch/3ch/2ch
最大総合出力:600W
定格出力:4Ω 100W×4
     2Ω 150W×4
周波数特性(-3dB):10Hz-100kHz
クロスオーバー(可変):32Hz-320Hz
寸法(W×H×D):470×53×263mm
標準価格:56、000円

では、早速取付けてみましょう!(笑)

カイエン ターボの場合、純正のBOSEアンプがトランクの右側スペースに取り付いているため、
スピーカーへ繋がっているケーブル類はすべてトランクに集中しています。
そのため、外付けアンプもトランク内に設置するのが理想です。
今回はトランクにアンプを設置するとします。

まずは、カーナビの裏側から出ている5.1チャンネルのRCA端子にRCAケーブル6本を繋いで
リアトランクまで線をひくため、カーナビを外します。
c0126390_21441135.jpg

カイエンのカーナビは割と簡単に外せます。
アルミ部分のパーツを小さなマイナスドライバーで引っかけ、外していきます。
こんな状態になります。
c0126390_21441951.jpg

するとカーナビを取付しているネジが4本カーナビの周りに見えます。
c0126390_21442586.jpg


今回用意したRCAケーブルは3セットX6メートル
c0126390_21443825.jpg

こいつをカーナビからリアトランクまで設置します。

カーナビを外して、裏側の配線にRCAケーブルを6カ所に繋いだ後は、トランクに行く
配線を助手席の床へ通すため、助手席側のコンソール下のカバーを外します。
このカバーはネジ1本で外れます。
ちなみにこのカバーには12Vのソケットが2つも付いていました。
知らなかった。。。
c0126390_21445036.jpg

カバーを外すとこんな感じです。
c0126390_21444563.jpg

コンソール横からRCAケーブルを針金などでケーブルを誘導して
このように通します。
c0126390_2145121.jpg


次にカーペットを剥がします。
c0126390_21451130.jpg


カーペットの下にRCAケーブルを通して車両の外側へ誘導した後は、ドアの
スカッフプレートを外し、その中を通るようにケーブルを誘導します。
これでリアシートの足下までケーブルが来ましたので、この後はトランクへ
ケーブルを誘導します。
c0126390_21451634.jpg

リアシート横の樹脂パーツを外し、この下にケーブルを通します。
c0126390_21452211.jpg

そして、ケーブルをリアトランクまで通します。
さぁ、ここからはアンプ用に電源とアース、スピーカーケーブルを準備します。
c0126390_21453286.jpg

配線をしている時が一番ワクワクしますね。
ちゃんと鳴るかなぁ〜?どんな音がするのかなぁ〜?
などと考えながら、配線を繋いでいきます。

さて、今回のアンプは最高で4チャンネルのアンプなので基本は車両の前後、左右用の
スピーカー分しかチャンネルは無く、センタースピーカー、サブウーハーのチャンネル分
はありません。

センタースピーカーは無くても良いですが、サブウーハーは欲しいです。
事前のリサーチでBOSEのウーハーはウーハー内にアンプが内蔵されているらしい
のでウーハーにはRCAケーブルの信号を直接ウーハーのアンプに繋ぎます。
お手製のRCA変換ケーブルを作ってみました。
c0126390_22815.jpg


これがトランク内に内蔵されているBOSEのサブウーハーです。
c0126390_21453751.jpg

通常はこの上にスペアタイヤが載ってるので普段見る事はあまり無いでしょうね。

さてすべての配線を終わらし、アンプも無事設置出来ました。

肝心の音の様子は??

今回アンプで鳴らしている音は見事に改善され、まったく音質が変わりました。
低音から高音まですべての音域の音圧が上がりました。
最高ですね。

でも、サブウーハーの音がちょっとちっちゃ過ぎてあまり意味をなしていません。
という事でまだ改善が必要です。

そのため、完成したオーディオシステムの写真はアップせず、ウーハーシステムを
完成させて満足サウンドになってからまたアップしますね(笑)
お楽しみに。

by kyutey | 2012-05-15 22:19 | カイエン | Comments(6)
2012年 05月 11日

カイエン BOSE オーディオについて考える♪

2号車のオーディオ システムですが、純正で僕の大好きな
BOSEのオーディオシステムがついています。
アンプはなんと9チャンネルのシステムになっており、スピーカーの数は全部で
14個も付いています。
構成は以下の通りです。
c0126390_044218.jpg

簡単に構成を説明すると、ヘッドユニットにCDとラジオが付いており、
そこからアンプが搭載されているリアトランクまで2チャンネルの光ケーブルが
通っています。
このリアトランクに搭載されているアンプで2チャンネルの信号を9チャンネル化
させている訳です。

でも。。。
実は我が家のカイエンはヘッドユニットがBOSE製のヘッドユニットからアルパイン製の
カーナビへ交換されています。
という事は、現代の普通のカーナビからは光ケーブルを刺せるコード出力は無いため、
BOSE製のヘッドユニット、アンプが使えない訳です。
このオレンジ色の線2本が光ケーブルです。
※写真は僕のカイエンではありません。ネットより拝借。
c0126390_0541326.jpg


従い、現状カーナビからのスピーカー出力線を無理やり、リアトランクまで延長し、
元々アンプから各スピーカーへ信号が送られていた線へ直付けされています。

また、BOSE製のスピーカーは通常の車用のスピーカーと違い、スピーカーの抵抗値が
4Ωではなく、2Ωの設計です。そのため、本当はそのまま直付けするとカーナビに
負荷をかける事になるので良くないのです。
負荷を減らすために、スピーカーへの直付けも制約し、14個中6個のスピーカー
にしか配線をしておらず、音質が現状のままではイマイチです。

そこですべての悩みを解決するために、アンプ取付けを検討中です。

計画としては、2Ωのスピーカーに対応した4チャンネルのアンプを購入し、
フロントの左右、リアの左右をカーナビからRCAケーブルを接続し鳴らす。
センタースピーカーはフロントの左右のスピーカーを
並列に繋ぎ、左右の音両方がセンタースピーカーから鳴るようにする。
トランク内にあるウーファーについては、単独でウーファー内に別体のアンプが付いて
いるようなので、カーナビのRCA端子からのウーファー出力を直付けして鳴らしたいと
思います。
そうすれば、カーナビ側でウーファーの出力調整も出来る事になります。

さぁ〜どうなる事やら。。。

by kyutey | 2012-05-11 01:02 | カイエン | Comments(4)
2012年 05月 05日

カイエン フォグライト HID化♪

カイエンについて色々と調べていましたが、
あんまり改造している人がいないですね。。。

なので情報がすごく少ないです。
改造のページを見つけても、ほとんどの人が22インチ位の
大口径ホイールを履かせたりしている人ばかり、、、

僕は、今履いている19インチで十分です。

フォグライトが純正のハロゲン球なのでHID化しました。
カイエンのHID化を調べても自分でやっている人はほとんどいなく、
皆さんショップ任せのようです。

さぁ〜、僕は自分でやろっと。。。

カイエンの場合、フォグライトはバンパーの一番下の部位に位置しています。
c0126390_22173960.jpg

これですね。
c0126390_22174689.jpg

光らせるとこんな感じです。
c0126390_22175557.jpg

普通、、、ですよね。
どうせなら明るくさせたい。 っと思い、作業開始です。

このフォグの作業はフォグの裏側のタイヤハウス側から作業します。
まずは、エアサスのMAX車高まで上げて隙間が出来るか確認、
c0126390_2218225.jpg

ダメです。隙間があまりできません。。。
それにしても車高すげー上がるなぁ〜(笑)

しかたなく、ジャッキアップしてホイールを外します。
そしてタイヤハウス内のボルトをドンドン外して行きます。
c0126390_2218852.jpg

ここで使われているボルトの頭は通常の+ではなく、星形になっているので
特殊なドライバーが必要になります。

そしてボルトを7本位外すと、タイヤハウスがベロベロとめくれます。
c0126390_22181487.jpg

うわぁ〜、ターボのインタークーラーがかなり大きくて、フォグとの隙間が
小さい、、、手がやっと入る程度の隙間しかない。。。
c0126390_22182033.jpg


とここで諦める訳にも行かないので、作業続行です。
今回は通常のHIDキット(H11用)の他に、キャンセラーも用意しました。
これがないと、球切れ警告灯が点いてしまいます。

無事に隙間にバラスターとキャンセラーをバンパーへ超強力両面テープで貼付け、
作業完了。

点灯してみると、
c0126390_22182433.jpg

黄色くHIDが光りました。

これでスノボ行く時も霧の時も怖くないぜ!!
c0126390_2218311.jpg


by kyutey | 2012-05-05 22:33 | カイエン | Comments(8)
2012年 05月 04日

カイエン ターボ納車♪

そういえば、先日2号車をトゥアレグからカイエン ターボへ
買い替えました。

もちろん、新車では買えませんのでポルシェセンターにて認定中古車の
購入です。

c0126390_957853.jpg

c0126390_9573910.jpg


シャーシは基本トゥアレグと同じですが、エンジンが別物です。
4.5Lのツインターボ エンジンです。
450馬力もあります。
(少しコンピューターをいじれば520馬力になるそうです。)
c0126390_9575453.jpg

インマニの造形が奇麗ですね。(マニアックな事言っている。。。)

足回りもエアサスが付いているので車高の上下が可能で、
PASM(Porsche active suspension management)も付いているため、
サスの固さ調整もボタン一つで可能です。

by kyutey | 2012-05-04 10:04 | カイエン | Comments(10)